Enjoy Your Growth

働きかた改革のその先の時代
どのような人材が必要か
その成長をいかにデザインするか

イノベーション人材を
育てる3つの場

地域のユニーク体験を掘り当て「学び」のプログラムに組み立てる

  1. Real

    パラレル・リアリティ 他日常に身を置く

    パラレル・リアリティ
    他日常に身を置く

  2. Contents

    かけがえのない体験 ファクトフルネス

    かけがえのない体験
    ファクトフルネス

  3. Community

    異質な人との知の融合 人間性・ストレス

    異質な人との知の融合
    人間性・ストレスレス

Interview注目のキーパーソンにインタビュー

石山恒貴氏

Produced by PROPO.FM

「越境学習」を組織浸透させる上での課題と道筋

経営や人材の在り方には「正解がない」ともいわれる時代。いま求められているのは自ら問いを立てる力であり、その力を養うきっかけになり得るのが越境学習だ。法政大学大学院 政策創造研究科 教授で「越境学習」の第一人者である石山恒貴氏は「対話的自己(多元的自己)こそが、VUCA時代を柔軟に突き進む原動力になる」と唱える。(聞き手:日本能率協会マネジメントセンター・川村泰朗)

石山 恒貴 氏

法政大学大学院 政策創造研究科 教授

一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。NEC、GEにおいて一貫して人事労務関係を担当、米系ヘルスケア会社執行役員人事総務部長を経て、現職。人的資源管理と雇用が研究領域。人材育成学会常任理事、日本労務学会理事、フリーランス協会アドバイザリーボード等。著書に『パラレルキャリアを始めよう!』(ダイヤモンド社)、『越境的学習のメカニズム』(福村出版)など多数。

Produced by PROPO.FM

Interview Listening音声で聴く

ラーニングワーケーション
ラーニングワーケーション
「越境学習」を組織浸透させる上での課題と道筋
  • 1回目のエピソードでは、社会が組織・個人の「越境を」求めるワケ。正解のない時代、曖昧さの中で、問われる組織・個人の価値観についてです。 不確定な時代・正解のない社会が、組織・個人に問うものとは。「どうありたいか」「どうあるべきか」組織の文化と個人の価値観の関係性を紐解きながら、VUCA時代における組織の運営で求められる考え方について、石山教授にお話を伺いました。

    - この音声を聴く
  • 2回目の今回は、人材育成の新しいアプローチといわれる越境学習についてその本質に迫り、個としての向き合い方を考えます。企業の外で学ぶことがもたらすのは、個人の心にもたらすホームとアウェイの感情。その行き来が、感じさせる矛盾や不安定さがもたらす新しい刺激。複数のコミュニティとの関係性・弱い紐帯がもたらす可能性について、石山教授にお話を伺いました。

    - この音声を聴く
  • 3回目のエピソードでは、越境学習が組織にもたらす変化。障壁を乗り越えるための問いのデザインについて。既存事業を深堀りすることと、新しい情報を外から取り入れる、両利きの経営の中で起こりがちなのは、探索する人たちの迫害。この壁を乗り越えるために、経営マネジメント層に求められる姿勢とは。越境学習という環境を作り上げる上での「問い」のデザイン・伴奏の大切さについて、石山教授にお話を伺いました。

    - この音声を聴く

NEWS私たちの取り組み

私たちはワーケーションで、
新しい働き方、学び方、生き方の可能性に着目し、
さまざまな取り組みを行っています。

AREA

JMAMは地域とともに
ラーニングプログラムを開発します。

協働エリア

  • 和歌山県
  • 新潟県妙高市
  • 鳥取県
  • 岩手県釜石市
  • 岩手県山田町